プロフィール

やーしゅんのプロフィールです。

 

ITエンジニアってこんな人もいるんだ程度に見てください。

 

学生時代

小学校時代〜高校時代は毎日サッカーに明け暮れ、大学から上京して奨学金借りながら貧乏生活(当時、練馬区1K4.5万、一階のじいさんのイビキが聞こえるくらいのボロアパートに住んでた)してました。

 

理系の勉強していないのに理系に進学

大学で勉強するのであれば勉強せざるをえない環境に飛び込むことが大事だと考えていたのと漠然と理数系に強くなりたいという思いがあり、理工学部へ進学しました。

センター試験ではなくAO入試での入学なので、理数系の知識は皆無な状態で進学するという暴挙にでました。まぁ見事に全ての科目において補修クラス受講対象者となりましたけどね。

 

いざ就職活動

なんだかんだ普通に大学生活を満喫し、いざ就職活動です。僕はSE(システムエンジニア)になることを決めて就活しました。

SEを選択した理由は、僕は基本的にめんどくさがりで僕一人だと重い腰が上がらず行動することに遅くなりがちになるので、IT業界という成長スピードが早い環境、勉強をし続けなければ取り残されてしまう環境に身を置くことが、自身が成長するには一番手っ取り早いと考えたからです。

 

ITベンチャー企業から内定

就活してすぐITベンチャー(当時はその会社がただの下請けSE会社とは知らない)に内定を2月にもらって余裕こいてました。当時はIT技術を習得するならベンチャー系の方が自分の裁量で働けそうでいいなぁ程度にしか考えてませんでした。

このITベンチャー企業から内定をもらって内定者研修に参加したのですが、勤務実績はエクセルで自己申告だったり、棚の隅に寝袋があるのを見つけると、ここの社員が「いざとなったらこれ(寝袋)で寝れるよ!」って冗談っぽく言ってくるのを見て、あーここブラックだわと思い、次の日に速攻内定辞退しました。

 

大手SIer企業へ就職

就活を再始動するにあたり考えを改めました。やはり新卒というカードは今しか使うことができないということ、組織として醸成している大企業で働くという経験を積むには今が一番いいタイミングだと考え、大企業にターゲットを絞り、なんとか国内メーカー系企業に就職することができました。

 

新卒入社〜現在

新卒入社で6年間大企業に勤めましたが、就活時の判断は間違ってなかったと断言できます。

新卒の未経験でIT業界へ飛び込んでいくわけですから、人材育成の体制がきちんと体制化されている大企業の方が効率的に成長することができましたし、大企業ならではの経験を積むことができたことが一番大きかったです。

ただ年次が経つにつれどうしても大企業であるが故のマイナス面も目につくようになるんですよね。僕にはこれがどうしても許容できなかったし、今後の自分にもプラスにならないと判断したので、大企業社員という立場を捨て、フリーランスエンジニアとして活動することを決めました。

 

このブログの目的

ブログという媒体で情報発信していくことが自分の成長のために必要なものだと思い始めました。

情報を発信していくことが自分の何のためになるかは未だ良くわかっていないのが正直なところですが、情報発信する際の思考する時間であったり、自分の考えを記事として書き起こすことは、少なからず自分を鍛える上で有効な手段であると考えています。

エンジニアとして自分の経験・体験を情報発信することで、一人でも多くのエンジニアの方達に有益な情報を提供できたらと思います。